WEB予約はこちら

審美・ホワイトニング

  1. ホーム
  2. 審美・ホワイトニング

審美・ホワイトニングで白い歯を手に入れる

自然な笑顔からのぞく白い歯はとても魅力的ですよね。「歯の黄ばみが気になる」「笑うと銀歯が見えてしまう」などの悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。大分市の歯医者、川上歯科医院では、見た目の美しさはもちろんのこと、機能性と両立した治療を行っております。

川上歯科医院の審美歯科治療

画像

年齢を重ねるにつれて、歯の黄ばみが気になりませんか? 加齢のほか、コーヒーやワインなどの飲食物、タバコのヤニなどによっても歯や歯ぐきの着色は発生します。中には黄ばんだ歯が気になって、「口を開けて思いきり笑えない」という方も。

当院では、歯を白くするだけの見た目の治療だけではありません。院内には歯科技工室が併設。患者さんのお口にマッチする、微妙な調整を加えた精度の高い歯科技工物を作成できる環境が整っております。また、マイクロスコープを使用した精密な治療を行えるため、自然な仕上がりで長持ちする、ワンランク上の審美治療を提供しております。

審美歯科メニュー

保険治療ではカバーできないハイグレードな審美治療を希望される患者さんのために、以下の素材の被せものや詰めものをお取り扱いしています。患者さんが求める機能をお伺いして、最適なものをご提案しています。

ジルコニア

画像

光の透過性にすぐれ、自然で美しい仕上がりを期待できるセラミック素材です。金属をまったく使用しないので金属アレルギーの心配がないうえ、金属と同じくらいの強さと耐久性を備えています。

・オールセラミック

画像

全体がセラミックでできた素材です。審美性が非常に高く、光を透過して天然の歯のような透明感があります。汚れが付着しにくく強度もすぐれています。金属アレルギーの心配もありません。

・ハイブリットセラミック

画像

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混ぜ合わせた素材です。保険適用のレジンより自然な仕上がりを期待できますが、完全なセラミックではないので透明感にやや劣ります。たた、通常のセラミックよりもやわらかく噛み合う歯を傷めません。

・メタルボンド

画像

内側を金属のフレームで補強し、表面にセラミックを焼きつけています。金属を用いているので丈夫で割れにくいという特徴をもっています。一方で金属アレルギーのある方は使用できない場合があります。

・ゴールド

画像

金合金や白金合金で造られた被せ物や詰め物です。金合金はさびにくいため金属アレルギーのリスクが少なく、適合性にもすぐれています。すき間ができにくいという特徴もあり、むし歯が再発しにくいというメリットもあります。

・ラミネートベニア

画像

歯の表面をごく薄く削り、セラミック製の歯を特殊な接着剤で貼りつける審美治療です。歯を削る量が少なくてすみ、歯への負担を減らせます。歯並びの軽い乱れをきれいに整えるのに向いています。

・ファイバーコア

画像

神経を抜いた歯は弱く、人工歯を被せる際に通常では「コア」とよばれる金属の土台を入れます。このコアをガラス繊維の束にしたものがファイバーコアです。適度な弾性があり歯を傷つけるリスクを減らせます。金属アレルギーの心配もありません。

インレー・フルカバー

画像

「インレー」とは、むし歯を削った部分に詰める金属やセラミックなどの小さな詰めもののことです。「フルカバー」とは、削った歯をおおう被せ物の一種。歯の全周をおおうので、元の歯はまったく見えなくなります。

ホワイトニング

「黄ばんだ歯を白くしたいけれど、健康な歯を削ってしまうのは避けたい」という方におすすめなのが、薬剤によって歯を漂白するホワイトニングです。結婚式などのおおきなイベントの前や、接客業・営業の方などが多く受けられています。

ホームホワイトニング

画像

自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で患者さん専用のマウストレーを作り、ご自宅で行っていただく処置です。マウストレーに低濃度のホワイトニング用ジェル剤を注入し、毎日自宅で一定時間装着します。効果が出るまでに多少時間がかかりますが、ホワイトニング効果は長続きます。

オフィスホワイトニング

画像

歯科医院で行うホワイトニングです。高濃度のホワイトニング用ジェル剤を歯の表面に塗布し、レーザーなどを照射してすばやく白くします。短期間で歯を白くできますが、色の後戻りが起こりやすいというデメリットもあります。

デュアルホワイトニング

画像

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を行う方法です。歯科医院でオフィスホワイトニングを受けたあと、ご自宅でホームホワイトニングを続けていただきます。短期間で効果的に歯を白くすることができ、白さも持続します。

ウォーキングブリーチ

通常のホワイトニングでは、神経が生きている歯を対象としており、神経を抜いて黒ずんでしまった歯は白くなりません。これに対してウォーキングブリーチとは、神経の管に漂白剤を注入することで歯を白くする方法です。

審美治療は川上歯科医院へご相談ください

画像

審美治療で必要になるのは、患者さんとドクターとのコミュニケーションです。患者さんの気になる部分のヒアリング、現在の状況確認、最終的にどのような状態を目指すのか、ゴールに向けてどのような治療が必要かについてじっくりとお話しします。お互いの方向性がずれしまっては、その結果も異なってきてしまいます。

私たちは単に歯を白くするだけの見た目の改善を行っているのではありません。目指しているのはワンランク上の審美治療です。充実した設備を整えて、早く丁寧な仕上がりに加え、噛むという機能性も併せもった審美治療を行っております。

topへ

COPYRIGHT © 2016 KAWAKAMI DENTAL OFFICE