WEB予約はこちら

歯周病

  1. ホーム
  2. 歯周病

歯周病対策には予防が大切です

実は、日本人の成人の約8割の方が歯周病、あるいはその予備軍といわれていることをご存知ですか。歯周病に関わらず大切な歯を守るためには、日ごろからの予防・メンテナンスが大切です。

歯周病とは?

画像

歯周病は、日本人が歯を失う原因の1位といわれるほど恐ろしい病気です。この歯周病を引き起こしているのは、口腔内の歯周病菌。ブラッシングなどで磨き残しがあると、お口の中にプラークが溜まって歯周病菌の棲み家となります。

初期の歯周病はほとんど自覚症状がなく、痛みがないまま進行していきます。歯周病菌は歯と歯ぐきの間や、歯と歯のすき間にあるプラークの中で繁殖していき、歯ぐきに炎症を起こします。歯ぐきの腫れや歯ぐきからの出血で、歯周病に気づいたときにはかなり悪化している状態が少なくありません。最終的には歯を支える顎の骨まで溶かしてしまい、大切な歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

また、歯周病は身体全体に影響を及ぼし、さまざまな病気の要因となることも。このような恐ろしい歯周病を予防するには、歯科医院での定期検診や専門的なメンテナンスが効果的です。

歯周病診療・治療メニュー

歯周病の診査・診断
ポケット診査
ポケット診査
歯の表面や、歯と歯ぐきの境目に付着したプラークに棲みついた歯周病菌が炎症を起こし、歯周ポケットを深くしていきます。健康的な歯周ポケットの深さは2~3mm。それ以上の深さでないか検査します。
歯の動揺度
歯の動揺度
歯を支える顎の骨が溶けていくと歯をしっかり支えられなくなり、歯がグラつくようになるのです。歯の動揺度は、歯がどの程度動くのか検査します。
レントゲン検査 歯周病の進行具合は、歯ぐきの表面を見ただけでは判断できません。歯を支える骨がどれくらい破壊されているのかレントゲン検査で確認します。
細菌検査 歯周病の自覚症状が出てなくても口腔内の細菌検査を行うことによって、歯周病の発症リスクを見つけることができます。
歯周病の治療
SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
歯の動揺度
歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を専用の器具によってかき出します。SRPは歯周病予防に役立ちますが、初期の歯周病であれば、歯周病の症状の改善を図ることもできます。
歯周ポケット掻把(そうは)術
歯周ポケット掻把(そうは)術
外科的手術のひとつで、歯に付着した汚れや歯周ポケット内の感染した組織を取りのぞきます。汚れや感染した組織をかき出すことによって、きれいになった歯根面に歯ぐきが付着し、再び汚れが溜まりにくくなります。歯周ポケットの深さが4mm程度の歯周病が対象です。
フラップ手術
フラップ手術
歯周ポケット掻爬術でも症状が改善されない場合に行います。歯ぐきを切り開いて感染部分を取りのぞく手術です。状態によっては、感染している歯ぐきを切除することもあります。

PICK UP!歯周病と糖尿病

画像

歯周病はお口の中だけの問題と考えていませんか? 最近の研究では、歯周病が身体全体の健康にも影響を及ぼすことがわかってきました。とくに歯周病と関係があるといわれているのが糖尿病なのです。

歯周病による歯ぐきの炎症が、糖尿病を悪化させる要因になることもあるのです。これは歯周病の炎症によって生じた毒素などが血液中に入り込み、インスリンの働きを妨げるためと考えられています。

その一方で、糖尿病で高血糖の状態が続くと、身体の中の防御反応が低下して感染症にかかりやすくなるのです。つまり、感染症のひとつである歯周病にかかるリスクも高まるということ。また、高血糖の状態で歯ぐきの血管が傷み、歯周病の進行が早まることもなどもあるそうです。

歯周病治療は川上歯科医院へご相談ください

画像

歯周病は気づかないまま静かに進行していく恐ろしい病気です。だからこそ、毎日の予防が大切なのです。歯周病に気づいてからの治療では、手術が必要になることもあり、その分治療の時間や費用もかさんでしまいます。また、定期的に歯周病の検査やx-ray診査をして、経過を追って症状を見ていくことが大切です。

川上歯科医院では、歯科予防の大切さを考えて、予防歯科診療に取り組んでまいりました。当院には歯科衛生士が常駐し、充実したブラッシング指導をはじめ、さまざまな予防処置を行っています。

topへ

COPYRIGHT © 2016 KAWAKAMI DENTAL OFFICE