WEB予約はこちら

一般歯科

  1. ホーム
  2. 一般歯科

むし歯治療は早期発見が大切です

歯科治療として最も一般的なむし歯治療。歯に違和感があっても、歯医者に足を運ぶまでに時間がかかってしまう方も少なくありません。とはいえむし歯治療は早期発見・早期治療が鉄則です! 早めに治せば、時間や費用も抑えられ、自分自身の健康にもつながるのです。

大分市の歯医者、川上歯科医院がむし歯の概要や原因、進行段階、治療法などをご紹介いたします。親知らずの抜歯にも対応しておりますので、お口の中で気になる症状があれば、お早めに当院までご相談ください。

川上歯科医院の一般歯科

画像

当院では治療前の検査をしっかりと実施し、見逃しやすい小さな虫歯を発見できる「う蝕検知液」(うしょくけんちえき)や、レーザーでむし歯を見つける「ダイアグノデント」、むし歯リスクを調べる「だ液検査」にも対応。徹底的に診査してむし歯の存在を見つけることにより、むし歯の早期発見が可能です。初期のむし歯であれば削る範囲も少なく、患者さんの負担も抑えられます。このためにも予防メンテナンスの重要性を繰り返し患者さんにお伝えしています。

なお、重度のむし歯である歯の根管治療では、患部のみを隔離した状態で治療を行えるラバーダム防湿法を採用し、マイクロスコープを使用したより安全で精密な治療ができる環境を整えています。

むし歯の進行状況

むし歯の進行段階 症状 むし歯の治療法
C0(初期のむし歯)
C0(初期の虫歯)
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態です。痛む、しみるなどの自覚症状はありません。歯自体にも穴が開いていない状態です。 この段階であれば、適切なブラッシングやフッ素塗布などによって歯の再石灰化作用を促すことで治ることがあります。経過観察を行います。
C1(エナメル質のむし歯)
C1(エナメル質の虫歯)
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、小さな穴が開いてしまった状態です。穴が開いた部分は黒く変色します。冷たいものがしみることがありますが、痛みはありません。 むし歯になった部分をすべて削ってとり除き、歯科用プラスチック(レジン)を詰める処置を行います。
C2(象牙質のむし歯)
C2(象牙質の虫歯)
虫歯がエナメル質の内側にある象牙質まで進行してしまった状態です。表面は小さな穴でも、内部はむし歯だらけということもあります。冷たいものだけでなく甘いものでもしみることがあります。 C1と同様にむし歯になった部分をすべて削りとり、詰め物を詰める処置を行います。むし歯におかされて削った歯質が多い場合は、歯全体を覆う被せもので処置することもあります。
C3(神経まで達したむし歯)
C3(神経まで達したむし歯)
むし歯が歯の内部の神経まで進行してしまった状態です。熱いものでもしみたり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛んだりするようになります。 神経をとり除き、神経が入っていた根管(こんかん)の内部を消毒して薬剤を充てんする「根管治療」を行います。状態によっては治療期間がかなりかかる場合も。治療後は歯に被せものをつけます。
C4(歯の根に達したむし歯)
C4(歯の根に達したむし歯)
むし歯菌によって歯の大部分が溶けて、ほとんど残っていない状態です。歯の根っこまでむし歯におかされています。神経部分が死んでいるため痛みは感じられなくなりますが、膿が溜まると再び激痛に襲われることがあります。 この状態になると治療は非常に困難で、多くの場合、抜歯が必要になります。抜歯して傷が治ったあと、ブリッジや入れ歯、インプラントなどで歯の機能回復を行います。

予防・メンテナンス

むし歯の治療によって削られた歯は、元通りに戻ることはありません。どんなに小さな治療であってもダメージを受けてしまうのです。いつまでも健康な歯を維持するために、定期的なメンテナンスが非常に大切なのです。

予防・メンテナンスについて

むし歯治療は川上歯科医院へご相談ください

画像

「毎食後しっかりブラッシングしているのにむし歯になってしまう……」とお悩みの方もいるのでは。もちろんブラッシングは大切ですが、私たちが毎日行うブラッシングではどうしても磨き残しが生まれてしまいます。だからこそ定期検診が必要になるのです。

むし歯は早期に発見して早期治療を行えば、身体への負担も少なく、治療にかかる費用も抑えることができる病気です。歯の色の変化が気になる、冷たいものがしみるなど、少しでも気になるところがあれば、早めに当院までお問い合わせください。

もちろん重度の虫歯の場合でも対応可能です。そして抜いてしまった歯を補う場合も、これまでの豊富な症例から、的確な治療をご提案します。

topへ

COPYRIGHT © 2016 KAWAKAMI DENTAL OFFICE