WEB予約はこちら

予防メンテナンス

  1. ホーム
  2. 予防メンテナンス

予防メンテナンスが大切です

現在の歯科診療では「治療」よりも「予防」の大切さが注目されています。いくらむし歯や歯周病を治療したとしても、その原因をつきとめて根本的な対策を行わなければ、また病気を繰り返して、治療が必要になるからです。大分市の歯医者、川上歯科医院が予防・メンテナンスについて紹介します。将来のお口の健康を守るためにも、予防する大切さを知りましょう。

歯の予防・メンテナンスとは?

画像

国民病ともいわれるむし歯や歯周病。とくに虫歯は小さい頃には一度は治療したことがある方も多いのではないでしょうか? とはいえ、むし歯や歯周病は、「治療したらそれで終わり」という単純な病気ではありません。

じつは一度むし歯や歯周病にかかると、それだけで再度同じ病気にかかるリスクが高まってしまうのです。むし歯や歯周病は生活習慣病のひとつともいわれており、むし歯や歯周病にかかりやすい生活習慣の方は、改善しなければ同じことの繰り返しになります。

現代では、日本人の8割の方が歯周病あるいはその予備軍といわれています。この歯周病は、なんと日本人が歯を失う原因の一位。だから今こそ、むし歯や歯周病にかからないようにするための予防歯科の重要性が叫ばれているのです。

むし歯や歯周病にかからないために必要なのが毎日の口腔ケア。でもブラッシングだけでは、歯の汚れやプラークを落としきれません。病気になってからの治療ではなく、病気にならないように、歯科医院と一緒に予防・メンテナンスに取り組んでいきましょう。

川上歯科医院の予防・メンテナンス

ブラッシング指導

画像

むし歯や歯周病の予防で基本となるのは毎日の正しいブラッシング。歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシ、舌ブラシなど、患者さんに合う方法で指導いたします。

フッ素塗布

画像

フッ素には歯質を強くする効果があり、歯面に塗ることによって再石灰化作用を促し、むし歯予防となります。3~6カ月に一度の塗布をおすすめしています。フッ素塗布のほか、毎日家で行うフッ化物洗口もおすすめです。

定期検診

画像

お口や歯に違和感がなくても、3~6カ月に1回の定期検診をおすすめしています。当院からご案内のハガキをお出ししております。

PMTC

画像

「PMTC」とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略。歯科医や歯科衛生士などのプロが専用の器具を使って歯をクリーニングすることです。毎日のブラッシングでは落としきれないプラークやバイオフィルムなどを除去します。

シーラント

画像

歯ブラシの毛先が届きにくい奥歯の溝は、食べカスや細菌がたまりやすいところ。奥歯がむし歯になりやすいのはこのためです。シーラントでは、フッ素配合の樹脂を奥歯の溝に埋めて細菌の付着を防ぎます。

噛み合わせチェック

画像

噛み合わせが乱れていると、歯のすき間に歯ブラシの毛先が届きにくくなり、汚れや歯垢が溜まってしまいます。これがむし歯や歯周病の原因に。噛み合わせの定期的なチェックによって、むし歯や歯周病の予防につながります。

予防・メンテナンスは川上歯科医院へご相談ください

画像

痛くなってからの治療では、削る範囲も大きくなり、その分時間や治療費も増えてしまいます。だからこそ予防歯科が大切なのです。当院には歯科衛生士が常駐し、充実したブラッシング指導をはじめ、さまざまな予防処置を行っています。3~6カ月に一度患者さんにハガキでご連絡し、定期検診のおすすめもしています。

総合的な口腔ケアと予防・メンテナンスに自信をもっていますので、気になる点があれば安心してご相談ください。

topへ

COPYRIGHT © 2016 KAWAKAMI DENTAL OFFICE