WEB予約はこちら

入れ歯について

  1. ホーム
  2. 入れ歯について

入れ歯について正しく知りましょう

むし歯や歯周病、不慮のケガなどによって失ってしまった歯は、二度と元に戻ることはありません。しかしさまざまな方法によって、失った歯の機能を補うことができます。その中で最も一般的な方法が入れ歯です。

大分市で患者さんに合った入れ歯・義歯を提供している川上歯科医院が、入れ歯の基本情報や保険治療・自費治療のメリット・デメリットなどについてご説明します。

入れ歯のメリット・デメリット

歯を失った場合にお世話になる入れ歯。「クラスプ」と呼ばれるバネによって支えたり、金具部分を隣り合う健全な歯に引っかけたりして、お口の中で固定することによって使用します。まずは、入れ歯のメリット・デメリットについてご説明します。

入れ歯のメリット

歯の抜けた部分が大きく、「ブリッジ」などでは対応できない場合、入れ歯は有効です。また、入れ歯を固定するために健全な歯を削る必要はありません。保険適用の入れ歯を選べば費用を抑えられます。取り外しもできるので、お手入れが簡単な点もメリットです。

  • 治療期間が短い
  • インプラントのような手術が不要
  • 治療費がインプラントと比べ安価
  • 自費診療であれば、タイプや素材選ぶことができ、見た目や噛み心地にもすぐれた入れ歯を作ることができる
入れ歯のデメリット

画像

デメリットとしては、お口の中に違和感を覚えることがある点。合わない入れ歯だと口の中で入れ歯が動いてしまい、痛みなどを訴えられる方もいます。噛む力も天然の歯に比べて弱く、硬い食べ物が噛みづらいケースもあります。

そのほか、見た目で入れ歯とわかってしまったり、話をする際に違和感があったりすることも。バネによって固定するので、隣り合う歯への負担も大きくなります。とはいえ、ご自身に合った入れ歯を選べば、これらのデメリットを解消することが可能です。

  • 見た目や使い心地を追求する場合には自費診療になり、費用が高くなる
  • インプラントなどと比較すると、食べ物が噛みにくかったり話しづらかったりする
  • メンテナンスが必要
  • 見た目や使い心地を追求する場合には自費診療になり、費用が高くなる
  • インプラントなどと比較すると、食べ物が噛みにくかったり話しづらかったりする
  • メンテナンスが必要

こんな時は歯医者にご相談を!

画像

入れ歯を使用していて不具合を感じてられる方は意外と多いようです。「違和感がある」「しゃべりにくい」といった悩みから、「うまく噛めない」「はずれやすい」、中には「入れ歯を入れるだけで痛む」「気持ちが悪くて吐きそう」といった方までいるようです。

「入れ歯が痛いけれど、慣れるまでがまんするしかないのかな?」という考えは間違いです。合わない入れ歯をがまんして使い続ける必要はありません。違和感がある場合には、ご利用になる方のお口に合わせて調整することで、その違和感を減らすことができるのです。

入れ歯の種類 自費と保険の違い

画像

入れ歯は使用する素材や固定する方法によって、保険が適用されるものと適用されない自費診療のものとがあります。自費診療の入れ歯は保険適用の入れ歯よりも快適に使えますが、高額となってしまいます。

入れ歯治療を行う際には、保険診療にするか自費診療にするか、選びことになりますが、見た目や機能、費用、お手入れ方法などから、ご自身に合った入れ歯を選ぶようにするとよいでしょう。

保険治療の入れ歯について

画像

保険診療の入れ歯では、人工歯の素材が歯科用プラスチック(レジン)となります。また、お口の粘膜にのる「床」(しょう)と呼ばれる部分もプラスチックです。なお部分入れ歯の場合、入れ歯を固定する「クラスプ」といわれる留め具は金属で作られます。

保険治療の入れ歯の最大のメリットは費用を抑えられること。また、素材がプラスチックのため、壊れても修理しやすいことが挙げられますが、その一方で、プラスチック製の床は一定の厚みが必要で、口の中に違和感を感じたり、食べ物の味や温度がわかりづらくなったりするケースもあります。また、プラスチック素材のため、「臭いや汚れがつきやすい」「変色やすり減りが起こりやすい」といった難点もあります。

自費治療の入れ歯

画像

自由治療の入れ歯ではプラスチック以外の素材を選ぶことができます。入れ歯の留め具も、保険で使用する金属よりも目立たない素材を選べるなど、患者さんの要望に合わせて対応することが可能。

床の部分に金属を使用することで入れ歯を薄く作れたり、白い素材の留め具を使ったりすることで目立たない部分入れ歯にすることも可能なのです。自費治療の入れ歯は、保険の入れ歯がもつ欠点をカバーし、使い心地や見た目にもこだわったものが作れます。ただし、全額自己負担となるため、費用が高額なってしまうというデメリットをもっています。

topへ

COPYRIGHT © 2016 KAWAKAMI DENTAL OFFICE